マジメにオモロイ英語

オオマジメに。でもオモロく。英語を紹介しています。

ぶった斬ろう!no more than / no less than / not more than / not less than 四人衆

私を悩ませ続けた四人衆

no more than / no less than / not more than / not less than

を、今日はぶった斬ってみようと思います。

f:id:funkeystomusic:20181027164052p:plain

 

意味

まずはどんな意味か見てみましょう

no more than~ ~しか
no less than~ ~も
not more than~ せいぜい~
not less than~ 少なくとも
 
軽く殺意を覚えますね。(笑)
これを機械的に覚えるのはなかなか厳しい!
文言を無理やり覚えるのではなくて、今日はこれらの語句のイメージを体に落とし込んでいこうと思います。

 

間違えるポイント

間違えるポイントを考えてみましょう。

ケアレスミス

単純にパッと見、 no more than と not more than はmoreがついてるから「多い」気がしちゃう。no less than と not less than はlessがついてるから「少ない」気がしちゃう。

 

②うしろについている数字に騙される

後ろにデカい数字がついていると「こんなに沢山ある!」みたいな意味になると思っちゃう。

例)No more than 1000 people attended the meeting.

1000人が会議に出席した?!多いでしょう!それは!と思って

1000人もの人がその会議に参加した」と訳しちゃいがち。

でも本当は

1000人しかその会議に出席しなかった。」

その逆で、小さい数字がついていると「こんなに少しだけ…」の意味になる気がしちゃう。

例)No less than 3 people came to the party.

3人って…すくなっ!と思って

3人しかそのパーティーに来なかった」と訳しがち。

でも、こちらの意味は

3人もの人がそのパーティーに来た」

とにかく数しかみてなくて、moreを使っているのかlessを使っているのかを、あんま意識していないために起こる間違いです。

 

③ more than~を「~以上」less than~を「~以下」の意味で乗り切ろうとする

一応仕組みは理解しており、no more than~ は more than の否定だから「~以上じゃない」ってこと。と考えている。でも、この捉え方だと no の時と not の時の使い分けが苦しくなる。だって両方、否定の表現ですものねぇ。

 

それぞれのイメージ

早速、これらの間違いを打破すべくそれぞれのイメージを見ていきましょう。

 no のつく表現
まず no の方から行きますよ。
まずno はとても強い言葉だと思っておきましょう。
no「ぜんっっっっぜん 違う!!!!!」のイメージです。
「違う」じゃなくて「ぜんっっっっぜん 違う!!!!!」です。
めっちゃ否定するって事です。
どのくらい、めっちゃ否定しているかというと
比較表現自体を否定してやる!!!
ぐらいの否定なんです。
比較表現自体を否定するって。どんだけやねん(笑)。
  
no more than
more than~ は「比較表現」です。比較表現自体を否定するということは
no more than 「ぜんっっっぜん、(より)多いとかないから!差がないの!一緒なの!」
no more than 1000 「1000と一緒です」
 
no more than 1000 
 
no more than 1000=1000より多いってことないの=1000と一緒なの!
 
ここで、なぜ more を使っているか考えてみます。ここではno で more を否定している形ですので 「moreじゃない!(これって全然多くない!)」という気持ちが入っています。
「1000と一緒」+「多くないの=少ないの」
が no more than 1000 が表している意味になります。
 
1000を多く感じるか少なく感じるかはその時の状況や心情によるでしょう。
no more than 1000 を使う時は
「あ~。1000かぁ。少ないなぁ~」
の気持ちなんです。
なので
例)I have no more than 1000 followers.
「私1000人のフォロワーいるんだけど、これ、少ないわ~。
=私は1000人しかフォロワーがいません。」
 
 no less than
less than も比較表現です。比較表現自体を否定するということは
no less than 「ぜんっっっぜん、(より)少ないとかないから!差がないの!一緒なの!」
no less than 1000「1000と一緒です」

 理屈は同じですね。

no less than 1000
no less than 1000=1000より少ないってことないの=1000と一緒なの!

先ほどと同じく、なぜ less を使っているか考えてみます。ここではno で  less を否定している形ですので 「lessじゃない!(これって全然少なくない!)」という気持ちが入っています。
「1000と一緒」+「少なくないの=多いの」
が no less than 1000 が表している意味になります。


no less than 1000 を使う時は
「あ~。1000かぁ。多いじゃ~ん。」
の気持ちなんです。
なので
例)I have no less than 1000 followers.
「私1000人のフォロワーいるんだけど、これ、多いわ~。
=私は1000人もフォロワーがいます。」

  

no more than 1000 no less than 1000
1000に変わりはない

 

という衝撃の事実。(笑)
話し手の捉え方でどちらを使うかが決まるだけなのよね。

 not のつく表現

 not超フツーの否定です。ただ否定の情報が加わっているだけ。比較表現自体を否定してやるっ!!!という熱さ(?)はありません。

ですので、冷静に状況を確認すれば良いだけです。

 

not more than
not more than 10 となっている場合、普通に「10以上じゃない」となります。
てことは10が最大値だって事です。
more than 10 「10以上」
no more than 10 「10以上じゃない=最大値は10=せいぜい10、多くて10」

 簡単。no more than がなけりゃ、全然混乱しないよね。

例文で見てみましょう

例)There were not more than 1000 students in my lesson.

(私のレッスンにはせいぜい1000人の生徒しかいなかった)

 

not less than

 not less than 10となっている場合、普通に「10以下じゃない」

てことは10が最小値だって事。

less than 10  「10以下」
not less than 10  「10以下じゃない=10が最小値=10はくだらない=少なくとも10」
 例文で見てみましょう
例)There were not less than 1000 students in my lesson.
(私のレッスンには少なくとも1000人の生徒がいた)
 
※厳密には more than 10 / less than 10は 10 を含まないので「10以上、10以下」ではないのですが、ここではザックリと「10以上、10以下」で考えています。
 
これもポイント!
not more than 1000 / not less than 1000 どちらも数がハッキリしていません。
多くても1000、少なくても1000 という情報だけで、じゃあ、本当は何人だったの?は分かりません。
 

まとめ

それぞれの形がハッキリとイメージ出来ましたか?もし、「あー、なるほど!」と思ったら、この手の問題を沢山解いてみて下さい!頭では理解したことも、練習しないと定着にはつながりませんので!

 

最後にもう一つ。全てno やnotのついた否定の形の文なのに、日本語訳が「~しかない」だったり「~もある」というように「ない」だったり「ある」だったりしますが、そこは日本語の流れの関係ですので、否定文なの?肯定文なの?という事は気にせずに、それぞれの用法に従って使ってみて下さい。

 

オマケ

比較のヤヤコシイ表現と言えば

A is no more B than C is D

A is no less B than C is D

もありますね。こちらは軽い殺意ではおさまらないかも(笑)

こちらもまた記事にしたいと思います。